Days of the Hello Work

ハローワークの日々が始まる。

120215(木)晴れ ハローワークに行き始める。市内中心部にあるハローワークは、朝から駐車場に入ろうとする車の長蛇の列。少しも動かない。その状況を先頃、隣接する社会保険事務所に行った時に確認した。冬なのに背中にたらりと汗、そして軽い立ち眩み。

 

気を取り直し、フト、近年佐世保市になった江迎町にもハローワークがあったことを思い出す。自宅からはそちらが近い。道も混んではいない。開示されてる情報が同じであればそちらが都合が良い。そういうわけで江迎町のハローワークヘ行ってみる。

 

TVのニュースで見るハローワークの映像は、いつもドウシテあんなに暗い感じがスルノダロウ。就職超氷河期というアナウンスのせい?自分のような年齢にとっては、すでに行く前から、モウ、すっかりアキラメテしまいそうダ。「若い人でさえ仕事ない、ましてや、自分のような年齢でシバラク社会から外れていた人間にアルワケナイジャン…」ともあれ、自分で自分の背中を押すような気持ちで何とか中に入って行く。

 

担当して頂いた方は、すごく、スローテンポの男性の方だった。「…で、希望の職種はどうされまスカ…」「あ、いえ、その、職種を希望出来るような年齢とは、自分はもう〜トウテイ思えませんので、仕事があれば、雇ってもらえれば、選択の余地はないかと…」その、春の海のように静かな担当者は、顔の向かって右側で気持ち苦笑された様子。

 

「お休みは…」「ええと、休みを選べるような年齢でもないのでは?とも思ってます。そもそも、この年齢で仕事なんて、ないのでは?とスッカリ思い込んでますので…」静かな担当者は、ゆっくりとPCで何やら打ち込み、自分の登録カードのようなものを作って頂いた。

 

江迎町でも開示情報は同じであることが判った。これはラッキーだった。また、駐車場まで長蛇の列という状況でもなかった。そこまで混雑もしてなかった。自宅からはこちらの方が、かなり近いのでここに通うことにする。静かな担当者のゆっくりとした説明のたびに、その肩ごしに春の海が見え波の音が聞こえて来そうだった。そして実に丁寧に色々教えて頂いた。いつしか緊張もほぐれた。「いい人なのだ…」、と自分は思った。

 

今後死ぬまで面接し続ければ、何処か雇ってくれるのデハ? とも思うが、そう長引いても困る。被災地は別として、長崎県は日本でも有数の仕事のない県だ。特に北部はナイので有名。そこで探そうとするのだから言わんやおやでアル。自分のエピタフ(墓標名)は「一生涯仕事探しをした男」とかが相応しいかも。などと最近は思ってる。

 

そういうわけで、ブログ更新も今後シバラクは少ないかと思います。

どちら様もご了承下さい。なお、おヒマで奇特な方がおられましたら、私strange・Nに仕事が見つかるよう祈って頂けると、トテモ嬉しいデス。

まだ寒い日が続きます。どうぞ御自愛の上、お元気でお過ごし下さい。



  BGM: 『My Way』Def Tech(2005) OKINAWA LIVE

本日のご訪問ありがとうございます。それでも良い事がありますように!

 

   前へ                     次へ

 

(500MB/476MB)

 

 

 

コメント: 2
  • #2

    planetary-n (火曜日, 21 2月 2012 22:31)

    わぉう〜Yさん、先日はお世話になりました!お疲れさまです! 先日、再就職支援センターというところがあり、改めて、履歴書、職務経歴書、添え状等の書き方を習いに行きました。

    これまで履歴書はともかく、職務経歴書等は書いたことはなかったので、時代の変化をヒシと感じました。履歴書の書き方も昔と少し違い、詳しく書きます。アレ?自分だけが知らなかったのかも?

    かつては、結構アバウトで通用していたと思うのですがね〜。自分のシッチャカメッチャカな過去の生き様を整理編集するのに頭イタイデス。(汗!)
    『面接してくれる所があれば、職種を問わず練習のつもりで行ってみるのがコツです』

    Yさん、貴重なアドバイス、まことにありがとうございます。70~80回くらい面接やれば、慣れてくるかと思っています。問題は、70~80回も面接出来る程、仕事がそもそもあるかデスね。

    何度も気を取りなおして、「次、行ってみよぉ〜」と、やる事と思います。

    お忙しい日々なのに、見て頂き、かつコメント頂き、まことに!ありがとうございます。感謝します。ご自身のお体もお大事にされて下さいね〜。






  • #1

    Mr.Y (火曜日, 21 2月 2012 21:37)

    お久しぶりです。仕事探し大変そうですね。あきらめずに、そう落ち込まずに淡々のやった方がいいと思います。面接してくれる所があれば、職種を問わず練習のつもりで行ってみるのがコツです。僕も、気がけておきます。